バリフが高騰する可能性あり?

バリフが高騰する可能性あり?

バリフは格安のレビトラジェネリックとして人気があり、1錠200円を下回る価格で販売している会社もありました。国内ではレビトラジェネリックの販売は許可されていませんが、インドでは製造・販売が可能だったのです。

それを個人的に輸入する個人輸入という方法を用いれば、簡単に購入することができたわけです。しかし現在はバリフが製造中止となり、これから在庫が増えることはありません。

レビトラの製造元が裁判を起こしたのが理由であり、自社の売上を阻害してしまうジェネリックを差し止めるように請求したわけです。それによってバリフの製造はできなくなりましたが、在庫がある会社から取り寄せることは可能となります。

ただ在庫がある所は高く売る可能性があるので、価格は高騰すると考えておきましょう。個人輸入でED治療薬を購入している方なら、バリフを販売していない店舗が多いことに気づいているかもしれません。

すでに販売中止になっている会社もあり、別のレビトラジェネリックに移行している方もいます。正規のレビトラを購入できれば一番よいですが、先発薬はクリニック処方と個人輸入で大きな価格の差がありません。

クリニックで1錠1,700円が相場なら、個人輸入は1,500円という感じです。先発薬はどこから購入しても1,000円は超えてしまうので、ジェネリックに人気が集まっていたわけです。

ジェネリックだと100円台で購入できるところもあり、現在は在庫がある所は高く売る可能性があるとは言っても先発薬と同額になることはありません。ある程度の高騰は予測されますが、500円未満で販売しているところがほとんどです。

在庫がある所は高く売る可能性はありますが、値段を据え置きにしているところもあります。販売会社の方針によって値段は変わってきますから、在庫のあるなるべく安い会社を押さえておきましょう。

大量購入をすることで安くなりますから、箱数を多めにして注文するのがおすすめです。初めて利用する会社は少数から発注をして、効果を確かめておくのもいいでしょう。

ED治療薬は偽物を販売している会社も一部にあるので、効果を確かめてから大量購入をするのが基本です。購入する会社は毎回同じにしておき、リピーターになるのがおすすめです。

いずれにしてもバリフの在庫は最終的になくなりますから、欲しい人は早めに押さえておきましょう。レビトラジェネリック自体が存在しなくなると、先発薬を購入するしかなくなります。