在庫がある通販サイトは多いのか?

在庫がある通販サイトは多いのか?

ED治療薬のレビトラのジェネリック薬として人気が高いバリフですが、2017年に製造中止となり、多くの個人輸入サイトや通販サイトでは在庫がなくなりつつあり、販売停止状態となっています。

レビトラのジェネリック医薬品として値段がとても安く、使いやすくて効果的であった事から評判が高い商品でしたが販売中止に近い状態という事もあってガッカリしている人も多いです。

そもそもバリフが何故製造中止になったかと言いますと特許関連の問題が生じてしまったからです。

インドのメーカーが製造している訳ですが、インドでは特許法が独自なものとなっており、他国で開発された医薬品の特許がインド国内では承認されておらず、2005年に法律を改正しましたが、それ以前から開発されている医薬品は特許があったとしても製造をしていました。

本来であれば特許がある医薬品を勝手に製造する事は許されませんが、それを分かっていて製造しているためインドメーカーが製造するジェネリック医薬品は格安で販売され、世界各国に提供されています。

これはバリフに限らず、その他の医薬品等にも言える事にもなりまして少なからず個人輸入サイト等を通じて恩恵を受けています。

そういった状況の中でレビトラの特許を持っているバイエル社が特許を無視して製造していたバリフの製薬会社に対して訴訟を起こして、認められたため製造が中止となりました。

当然ではありますが製造が中止されれば在庫が販売されて無くなっていき買えなくなります。大手の個人輸入サイトの多くは在庫が尽きている状態になっていますので取り扱い中止となっています。

注意点としましては訴訟によって製造が中止となっていますが販売中止ではなく、以前に製造されたものは流通しており一部の通販サイトで購入する事は可能です。

個人輸入で購入する際も輸入する時に通関等で止められる事はありませんから心配する事なく購入できます。現在バリフを販売しているサイトですが、一部のサイトのみ取り扱いをしていまして購入する事が可能です。

在庫を持っている通販サイト自体はそれほど多くありませんが現在でも購入はできますので在庫があるうちにまとめ買いをしておくのも良いかもしれません。

新規の製造がされていない現状がありますから、いつ購入ができなくなるか分からない状態です。

代わりになるレビトラのジェネリック医薬品として、サビトラやジマトラといった商品も人気が高まりつつありますので、そちらも合わせて検討してみると良いでしょう。